裏側矯正のデメリットと改善法

歯科

目立たない矯正器具

矯正の治療法によって目立ちにくいものがありますし、取り付けても違和感を感じにくいものもあります。その中で矯正中とわかりずらいと注目されているのが裏側矯正なのです。矯正歯科で治療ができますが、歯並びを改善するにはデメリット部分を把握しておくのがポイントになるので、良いところも注意しておきたいところも見ていきましょう。

矯正について知る

歯医者

舌が矯正器具にあたる

裏側矯正という治療法がありますが、これは歯の裏側に矯正器具を取り付けるので、見た目は気になりません。しかし、矯正器具に舌が当たってしまうことも珍しくありません。舌が当たってしまうと違和感を感じるのですが、慣れてしまうとそこまで違和感を感じないので、まずは慣れることが大事です。

喋りにくくなる可能性がある

矯正器具を取り付けている間は舌が触れてしまうので、発音が難しくなり喋りにくくなるでしょう。数ヶ月後になれば慣れでスムーズに話ができますが、それまでは難しいので話す機会が多い人は気をつけたほうがいいです。

食事が少し難しくなる

硬いお肉などは矯正器具を取り付けた状態だとかなり食べづらいようです。食べるときはなるべく小さくしたほうが良いでしょう。食事が楽しみだという人にとってはかなりのデメリットになりますが、食べ物を変えるだけで対策ができます。

歯磨きがしづらくなる

表側の矯正も歯磨きの問題がありますが、裏側矯正の場合も裏側を磨くときは矯正器具が取り付けられているのでやりにくいです。やり方がわからないときは富山の矯正歯科で施術してもらった際に、聞いてみるといいかもしれません。正しい方法で磨けば、綺麗な状態を保てます。

料金や歯科の探し方など

白い歯

矯正にかかる料金

矯正に必要な料金に関しては相場が決まっています。相場を基準にして自分が払える範囲の金額で施術してくれる富山の矯正歯科を見つけましょう。施術方法などの違いによって多少の金額が変わるようです。

READ MORE
歯科矯正

失敗しない歯科の探し方

矯正歯科は、たくさんあるので自分に合っているところを見つけなければなりません。自分が納得できるような歯科を見つけて利用しないと、後々失敗して後悔するかもしれませんよ。いろいろな方法で探してみましょう。

READ MORE
広告募集中