気になる料金を紹介します

歯型

矯正方法の種類を紹介

一般的な表側矯正

一番手軽でスタンダードな矯正方法が表側矯正です。料金が安く矯正期間も短いことからかなり人気が高いと思われます。特にこだわりがなければ表側矯正をすると良いでしょう。ただ、矯正器具が相手から見えてしまうので注意が必要です。

矯正器具を歯の裏につける裏側矯正

通常は歯の表側に矯正器具を取り付けるのですが、最近は裏側に取り付ける裏側矯正の人気が高くなっています。表側に比べて費用や矯正期間がかかってしまうのですが、相手から矯正器具が見えないというメリットがあります。

透明なマウスピース

歯に矯正器具を取り付ける方法以外にもマウスピースで矯正する方法もあります。マウスピースは簡単に取り外しが可能となっているので、食事中に外したりできるのがメリットです。また、マウスピースは透明になっており、相手からも見えないつくりになっています。

見えにくい審美ブラケット

審美ブラケットは表側矯正に分類されるのですが、矯正器具が少し見えにくいのが特徴です。感覚的には金属ブラケットとあまり変わらないのですが、こちらのほうが見えにくくそれなりに矯正期間も短いことから人気が高くなっています。

痛み軽減のセルフライゲーションプラケット

金属ブラケットなどは取り付けると痛みが発生するのですが、セルフライゲーションブラケットであれば、最低限の痛みで矯正できます。少し費用が高額になりますが、短い期間で施術を終わらせられるのが特徴で、利用する人が増えています。

矯正にかかる料金

白い歯

保険が適用されないので自己負担

歯の治療に関しては健康保険が適用されるのですが、矯正は自由診療に当たるので料金が高くなってしまいます。ただ、歯並びがかなり悪くて治療が必要だと思われた場合に関しては、健康保険が適用されて料金が安くなるようです。

相場は80万円ほどと言われている

富山の矯正歯科で施術を受ける際は、80万円ほどの費用が発生します。装置を装着する技術料の他にも、初診料や診断料なども発生するようです。どのくらいの金額が発生するかわからないときは、事前に問い合わせをして確認してみましょう。

定期的に処置するための費用が必要

料金を払って施術をしたとしても、それを維持するための費用が発生します。処置費用は毎月数千円となっているので、施術後の料金のことも考える必要があると思います。処置費用が払えなくなってしまうと、今後の維持が難しくなるでしょう。

治療中でもワイヤー交換などの費用がかかる

矯正は、装置を取り付けた後に数ヶ月ほどの時間をかけて治療をします。その間は数回にわけてワイヤー交換などが必要になります。費用は数千円ほどですが数ヶ月ごとに発生する費用になるので、事前に知っておいたほうがいいでしょう。

子供の矯正に関しては早い時期がお得

矯正は大人だけでなく子供でもできます。子供の頃で永久歯に生え変わっていない歯は、比較的矯正がやりやすいので、お得な料金で施術が可能となっています。子供の矯正を考えている人はなるべく早めにしたほうがいいと思います。

広告募集中